Jカーブの法則 普通の人が天才になれる

 

Jカーブの法則 普通の人が天才になれる

 

著者: 野崎美夫

出版: フォレスト出版

 

   

 

身につく: 最後まであきらめない

悩みの解決:

こんな人に: なんだかやる気がわかない 成功したのに喜びがない人

 

 

後少しの所で諦めていませんか?

目標を決めて実行しているのに結果が出ない・・・努力をすればするほど、なんだか悪いことが起こる・・・

私たちは心のどこかで、努力と実績が比例すると思っています。

しかし、現実はそうではありません。目標を決めて何かをはじめようとすると、いきなり沈んでいきます。これがJカーブの法則です。
この法則を知っていると、自分がいまどの場所にいるのか?いつまで努力を続けたらいいのか?が

わかるようになります。

 

 

スタートからいきなり下降してしまう

 

努力をすればするほど、下降してしまう!!

 

何かをはじめたときに最初に思うのが、「思ったようにうまくいかないな・・・」ということです。

事業やスポーツなどでも、努力をすればするほど、下がっていく時期が必ずあります。やればやるほど、下がるので、少し不安になってきますが、これは自然の法則です。

初めからうまくいく人など1万人いたら1人くらいです。普通の人は、必ず失敗をします。その失敗から軌道を修正することで

成功に近づくことができるのです。

 

 

 

 

苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しいのだ。

 

ゼロから1を作る時に、最も力が必要になります。 自転車も、最初のペダルをこぐときに一番力が必要です。

人間には「静止慣性の法則」というものがあります。

人間は変化を恐れます。今までの、慣れた生活を続けようとしてしまう習性があるのです。家から駅までいつも帰り道が同じではありませんか?郵便局に行くときに、いつも同じ場所を利用していませんか?

いつも同じスーパーで買い物をしていませんか?人間はいちど止まってしまうと、変化するのにエネルギーが必要になってしまいます・・・

不安があるかもしれませんが、はじめなければ何も変わりません。あなたの時間は限られています。やらない決断をして、時間を無駄にしてはいけません。

 

 

人間は一度止まってしまうと、止まってしまう事が当たり前になります。つまり、変化を恐れるようになってしまいます。

自分が意識的に変化していくことが大切なのです

 

止まらずに、変化し続けよう。一度止まると、勢いがなくなってしまいます。

 


 

潜行期とは何か?

 

やればやるほど、マイナスになる潜行期

 

何かをはじめると、いきなりマイナスに突入します・・・

何をやってもうまくいかないのが潜行期です。ベンチャー企業が開発費や人件費などでドンドンお金がなくなる時期です。

さらに、仲間割れなどがはじまります。

 

 


潜伏している期間は長く、浮上するまでに時間がかかります。努力をしても全く効果が感じられません。普通はここで失敗した・・・
と思ってしまいます。

 

 

苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しいのだ。

 

努力をしても成果が感じられないので、ほとんどに人がここでやめてしまいます。
これを読んでいる人は、もちろん、諦めてはいけません。何事も、始めてからいきなり上手くいく事はありません。

 


さらに下降してしまう時期

 

まだまだ続く下降の時期

下降する時期はまだ続きます。地道な努力を続ける必要があります。

諦めてしまう人が多いのもこの時期です。下降期、ボトム期はどんどんマイナスが出てきます。

 

 

 

 

この時期も何をしても結果がついてきません・・・人間は結果を気にしてしまうと努力を続けることが出来なくなってしまいます。

しかし、まだ諦めてはいけません。結果が出ない時にどうモチベーションを保つか?

これが成功と失敗を分けます。

 

 

努力して結果が出ると、自信になる。 

努力せず結果が出ると、傲りになる。
努力せず結果も出ないと、後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても、経験が残る。

 

ボトム期が続くと、やがて最悪の状況が終わります。すでに悪い事は出尽くしたので、ここからプラスに転じていきます。

しかし、ここで諦めない事が大切です。

このあたりから、少しずつプラスに転じてきます。お客様が少しだけ来るようになってきます。

 

 

やっと浮上する時期

 

マイナス要因がなくなり、このあたりか浮上していきます。しかし、実感があまりないのが特徴でもあります。

 

 

 

 

 

天才に見える人でも、裏では努力を続けています。どんな成功者でも、裏では地道な努力を続けています。

天才は、圧倒的、その分野にかけている時間が普通の人よりも多い。

 

 

 

Jカーブの法則 普通の人が天才になれるの書評・感想とコメント

 

どんな成功者もJカーブを通り抜けています。下降期やボトム期が、下積み時代である人がほとんどです。

さらに、自分で独立をしても、必ず下降する時期があります。成長するには、痛みが必ず必要になります。

夢を目指すには失敗をする事を怖れてはいけません。逆説的ですが 失敗をするからこそ、成功をする事ができます。

もし、成功と失敗の確率が50%の場合、失敗を5回繰り返せば

限りなく100%の成功に近づきます。

失敗している時期を下降している良い時期だ!!と捉える事ができるには、このJカーブを知っておく必要があります。

失敗や結果が出ない時期を未来への投資だと思える人は努力を続ける事ができるのではないでしょうか?

書評:牧宏典

 

 

もし文章が役に立ったら、「いいね」をぜひ押してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

起業したい人が集まるお店つくりました

 

新橋 ビジネスバル えん

 

新橋烏森口、徒歩5分。起業したい人、いつか独立したい人、自分のお店を持ちたい人、そんな人が集まるお店を作りました。

から揚げと生レモンサワーが名物です。

 

 

おすすめ

 

人生を一歩踏み出す時や、起業をするときにお勧めの本をご紹介いたします。お役に立てばうれしいです。

 

小さく賭けろ 成功の法則 92ヶ条 幸せになる生き方働き方 上司のすごいしかけ 心の中がグチャグチャで捨てられないあなたへ

小さく賭けろ

成功の法則 92ヶ条

幸せになる生き方

人生の師匠をつくれ

思い込みを捨てろ

夢がかなうときなにがおこっているのか チーズはどこへ消えた
小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略 3つの真実

夢がかなうとき

チーズはどこへ消えた

ユダヤ人大富豪の教え

小さな会社儲けの

3つの真実

 

 

 

のサポートをいたします