ミッションからはじめよう

 

ミッションからはじめよう

著者: 並木祐太

 

   

 

身につく: 経営哲学

悩みの解決: 計画だけで先に進まない人に

こんな人に: 

 

 

まずミッション(志)から始めませんか?

事業を始めるときに、儲かりそうだなぁ~~

なんて思ってはじめる人は多いと思います。でも、そんな人ほど、ちょっと失敗したり、壁にぶち当たるといきなり諦めてしまいます・・・
これは、事業を「論理」からはじめてしまったからです。

 

事業は、ロジカルシンキングから入ると、失敗してしまいます。情熱が続かないからです。 まずミッションと情熱から入るとよい。
情熱からはじめたものは、最後まで続ける事ができる。 儲けから考えると、失敗は目に見えている。
ミッションからはじめたものは、人生に喜びとワクワクをもたらしてくれる。

 

 

ミッションからはじめよう

 

仕事だからではなく、情熱があるからだ

 

成功者がなぜ、成功できたのか? それは情熱があったからです。

「事業戦略が決まらない」 「企画はあがるのだけれど、実行力がない」 ロジックばかりが先走ってしまっても実行力はつきません。

何かを始めるときは「志」からはじめましょう。

 

 

 

 

経営は駅伝、マラソンと同じです。 一時的にトップを取ったとしても、走り続けなければいけません。

走り続けるためには、志がないと続きません。

 

 

 

 

ロジックから入っていませんか?

 

感情がすべてを決めている!!成功は情熱があるか?で決まる

 

ロジックとは「論理」や「戦略」のことです。どのようにしたら売れるか?数字が出るか?などの部分のことです。

自社の強みや理念を忘れて、ロジックから入るから、魂が入らない事業になってしまうのです。

 

 

商売を始めるときに考える順番は、以下の通りです。

ミッション⇒ロジック⇒リアライズ(実行する部分) 多くの会社では、目の前の問題ばかりを解決しようとしています。

それでは、何のためにやるのか?がわからず、気分や感情がのりません。

 

 

 

情熱がある事業は成功に近づきます。なぜなら、つらいときに諦めないからです。

諦めなければ、最後には必ず勝てます。ミッションから事業の計画を立てると、何をしたらいいのか?が決まってきます。

人生の成功も、事業の成功も、結局は能力ではなく人間の感情次第なのです。

 

 

 

ミッションからはじめよう著者 並木祐太さんとは

 

並木祐太

 

慶應義塾大学 経済学部卒業

ペンシルベニア大学ウォートン校でMBAを取得

2000年マッキンゼーのアジア太平洋地区航空グループのリーダー

マッキンゼー・スクールオブ・リーダーシップの校長を歴任

2009年 フィールドマネージメントを設立

 

JAL、全日空、楽天など日本を代表する会社のコンサルティング実績があります。

 

サイトURL http://www.field-mgmt.com/

 

 

 

ミッションからはじめよう の書評・感想とコメント

 

この本を読むと、何にもまして「ミッションが大切」という事がわかります。

能力があっても、計画があっても、情熱がないものは意味がありません。情熱こそが、人生を成功させるポイントだと実感しました。

 

書評:牧宏典

 

 

もし文章が役に立ったら、「いいね」をぜひ押してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

おすすめ

 

ミッションからはじめようを読んだ人は、こんな本にも興味があります。

 

心の翼の見つけ方
成功の法則 92ヶ条 幸せになる生き方働き方 上司のすごいしかけ 心の中がグチャグチャで捨てられないあなたへ

心の翼の見つけ方

成功の法則 92ヶ条

幸せになる生き方

人生の師匠をつくれ

思い込みを捨てろ

夢がかなうときなにがおこっているのか チーズはどこへ消えた
夢をかなえるぞう
3つの真実

夢がかなうとき

チーズはどこへ消えた

ユダヤ人大富豪の教え

夢をかなえるぞう

3つの真実

 

 

 

のサポートをいたします