戦略的グズ克服方法

 

戦略的グズ克服方法

著者: ネイル・A・フィオーレ

出版: 河出書房新社

 

 

 

身につく: つい人生を先延ばししてしまう人

悩みの解決: 自分をコントロールできるようになる

こんな人に: これから起業したい人 経営者 マネージャー 学生

 

 

 

人生を先延ばしにしていませんか?

 

あなたは人生を先延ばしにしていませんか?本当にやりたいことから逃げていませんか?

失敗への恐怖心が、行動を抑制しています。本当はやりたい!!と思っていてもできない場合、完璧主義の考えを持っていないか?疑いましょう。 グズはセルフイメージの低さに比例します。
自分ができない・・・と心の底で思うと、行動ができなくなります。 小さい成功を繰り返すと、だんだんできるようになるのです。

 

 

 

 

グズになってしまう本当の原因とは??

 

恐怖と人の目が行動を止めてしまう

 

グズになってしまうときは、「恐怖」に支配されています。人間は「恐怖」「不安」を感じると、無意識にやる事を後回しにしてしまいます。
「恐怖」や「不安」にうちかつには、まず自分の思考、ためらっている理由を調査することが大切です。

 

 

調査をすると、自分がどんな時にグズになっているのか?わかります。
恐怖の原因を取り除くと、より成功に近づくようになります。 そして、人生の幸福度が高くなります。

 

 

 

恐怖や不安は、比較から生まれます

 

 

過去と他人は変えられない、変えられるのは自分と未来だけ

 

恐怖や不安は、人の目を気にする、世間体を気にすることから生まれます。 他人と比較してしまうと、自分の行動を制限してしまいます。 他人と比較すると、自分が何をしたらいいのか?わからなくなります。

 

 

そして、人の評価を気にして生きると、自分らしさがなくなります。
自分らしさがなくなると。「生きている実感」が薄れてきます。 だから、人と比較するのをやめましょう。 比較する習慣を取り除きましょう。 過去と他人は変えることができません。

変えることができない他人の目を気にするのは愚かな生き方です。

夢をつぶす人ほど、成功すると「あなたには、ほかの人にはない何か?があった」なんてことを言います。

 

 

使命感を持つと行動ができるようになる

 

 

成功する人は「思い通りに行かない事はあたりまえ」という前提で挑戦している。

 

 

 

使命感を持つと、自分が何を大切にしているのか? 何を基準に生きるのか?について軸ができます。

軸ができると、人の目を気にする暇がなくなってきます。

「自分しかこれをやれる人がいない!!」という思い込みを持つと、たくさんの物が引き寄せられるように集まってきます。

人との比較を超越すると奇跡が起こりはじめるのです。

 

 

人に好かれようとしない。自分らしさを貫く


 

世間など、どこにもない・・・

 

他人に好かれようとすると「とりつくろう」としてしまいます。「とりつくろう」と自分らしさがなくなり、疲れてしまいます。
他人への思いやりではなく、自分の体面を維持するために疲れてしまうのです。

 

 

全ての人に好かれようとする必要はありません。全く意味がありません。
八方美人になるよりも、自分が好きな人、付き合っていて疲れない人とだけ生きるようにしましょう。

人生は、だれと生きるか?によって変わります。好きでもない人に好かれようと、相手に合わせる人生が本当に楽しいでしょうか?

相手に合わせ手ばかりいると、本当の自分を見失います。勇気をもって、「いやだ」と言いましょう。

小さな勇気と一歩がのちに大きな自信につながります。

 

 

他人に嫌われる事は良い事

 

嫌われても大丈夫、日本には1億人も人間がいる

 

嫌われれば嫌われるほど、自分のアイデンティティができあがっていきます。 嫌われる勇気が自分のセルフイメージを上げてくれるのです。何かをなそうとすると、必ず批判する人がでてきます。

そんなことは当たり前なのです。すべての人に好かれようと真ん中をとるから、「ぐっと迫る」力強さがなくなります。

本当に人の心を揺さぶるものは、いつも、気持ちが悪く、人を不快にさせる一面を持っています。

だいたい

自分と同じ事を考え、気の合う人間なんて1%程度しかいないものです。

 

 

 

できる事だけをする

 

 

できない事をしようとするから自信がなくなります。自信が持ちたければ、自分ができる範囲で行動してみればいいのです。すると、自信が少しづつ付いてきます。行動する「意欲」がわいてくるのです。

成功を焦りすぎると、また「恐怖」と「不安」に支配されてしまいます。

焦らず、まずは仕事の基本や基礎訓練に時間を使いましょう。すべては「守・破・離」の考えです。

まずは基礎訓練。迷った時ほど、基本に戻る習慣をもつのです。基礎をしっかり身に付けると、応用がきくようになってきます。

 

 

私は人生を選ぶ

 

「しなければいけない」をやめて「わたしはOOを選ぶ」と念じる

 

なんだかやる気がしないときは「OOをしなければいけない・・・」と考えています。

「起きて会社に行かなければいけない・・・・」どう考えても、受け身の考え方です。このように考えていると、主体性がどんどんなくなっていき「やる気」がうせてきます。

 


「しなければいけない」「こうあるべきだ」と考えて自分に強制をしようとすると、楽しさや意欲が減ってしまいます。

これでは、情熱がなくなり、成功からどんどん遠ざかってしまいます。
自分から動けるようになるには、「わたしは00を選ぶ」という言葉に置き換えましょう。

「私は起きて仕事に行くことを選ぶ」

こう考えるだけで、受け身から主体的になります。自分で選んでいるという実感がますので、行動する情熱が少しだけわきます。

否定する言葉ではなく、「選択する言葉」に焦点をあててください。

 

 

戦略的グズ克服方法の感想と書評

 

グズになってしまうのは、「恐怖」と「人の目」が原因であったと本書を読んで気が付きました。

恐怖と人の目に打ちかち、人生にバランスをとると、「生きている実感」がして満足度が上がります。

自分らしく生きる、自然体で生きることが大切だと、改めて実感をしました。


恐怖にかつには、いままでためこんだ、恐怖のイメージを取り除く事とメンタルの強化がかかせません。

一歩踏み出せない場合、ほとんどが「死への恐怖」、「食べられない事への恐怖」が主な原因です。本当に自分らしく生きるには

なによりもまず、「恐怖」を克服する方法を持つことです。

人の目を気にする、世間体、勝手な思い込み。すべての恐怖は人の目を気にする事から発生しています。

 

恐怖を克服するには、まず自分自身を許しましょう。

行動できない自分、言い返せなかった自分を許してみてください。許せない自分を許すと、行動する勇気が少しづつ持てるようになります。 そして少しづつ行動できるようになってきたら、次は志を持ちましょう。

「何のために」しっかり持って生きれば、根のある人生になります。

いまの社会は「根」を大事にせず、「葉」の部分ばかり教育しています。何のために生きるか?を自分で探さないといけない時代。

日々勉強ですね。

書評:牧宏典

 

 

記事が役に立ったらイイネをお願いします!!最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

おすすめ

 

この本を読んでいる人は、下記の本も読んでいます。お勧めの本を紹介いたします。

 

ゼロ・トゥ・ワン 賢い人ほど失敗する 小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略 幸せになる生き方働き方 修身教授録 一日一語

ゼロ・トゥ・ワン

賢い人ほど失敗する

小さな会社儲けの

幸せになる生き方

修身教授録 一日一語

 

 

 

のサポートをいたします