西郷隆盛

 

 

敬天愛人

   

西郷隆盛

 


「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て人を愛する」

 

人は、己に克つを以って成り、己を愛するを以って敗るる

   

西郷隆盛

 

 

人己を利するは私、

民を利するは公、

公なる者は栄えて、

私なる者は亡ぶ。

   

西郷隆盛

 

 

 

西郷隆盛とは

 

薩摩藩の下級武士であったが、とっても頭が良かったので藩主の目に止まる。

安政の大獄で島流しに会う。月照と自殺をはかるが、自分だけ助かり苦悩する。

 

藩の政治に復帰した西郷は坂本竜馬の仲立ちで、対立していた長州藩の木戸孝允と薩長同盟を結びつける。

これを機に倒幕運動の中心人物になる。

 

薩長の新政府軍は、武力によって旧幕府軍を破ろうとしていたが

江戸城を攻める時には、新政府の代表として幕府側の勝海舟と話し合い、江戸の町を戦火から守った。

 

明治新政府の指導者の一人となってからは、廃藩置県などの改革を進めたが、朝鮮出兵を巡っての征韓論で、大久保利通らと意見が対立して政府を去る。

 

故郷の鹿児島に戻った隆盛は、士族の教育・軍事訓練・開拓を進める機関として、学校を設立。しかし、生徒・教官たちが新政府に対して反乱を起こした。これは西南戦争といわれるもので、7ヶ月にも及ぶ戦いと成った。西郷は大将として戦ったが破れ、城山で自殺した。

 

 

■参考文献&サイト

 

 

ハテナキーワード 西郷隆盛

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B6%BF%CE%B4%C0%B9

 

 

<< 名言に戻る

 

 

のサポートをいたします