ファスティングとは

 

人生の全てが好転する。ファスティングとは何か?

 

ファスティングをご存知でしょうか?ダイエットやデトックスの方法としてファスティングがあります。

 

 

ファスティングとは、簡単に言えば「プチ断食」のことです。 酵素ドリンクを飲みながら、3日ほどおこないます。

完全な絶食ではありません。

最近の流行りは、ファスティング用の酵素飲料と水で行う酵素断食です。

ミネラル・ビタミンを補給できるので、無理がありません。そして安全に行うことが出来ることが特徴です。

 

プチ断食とも言われています。ファスティング飲料は、自分で生の野菜などを利用して作ることもできますが

酵素ドリンクは手作りだと手間がかかるので、なるべく買ったほうがいいです。

酵素ドリンクを購入することをおすすめします。

 

 

ファスティングの効果とは

 

ファスティングには様々な効果があります。


 ・ダイエット効果

 ・サーチュイン遺伝子、長寿遺伝子のスイッチが入る

 ・血液をきれいにする奇跡のホルモン 『アディポネクチン』が活性化する

 ・偏頭痛の改善

 ・高血圧症の改善

 ・生理不順を改善

 

 

食事を少なくすると、体調がよくなる

 

人はみずからのうちに100人の名医を持つ

 

ギリシャの哲人であり、名医であるヒポクラテスの時代から、食事を減らすと健康になる。と言われてきました。

医術とは自然治癒力を高め手助けすること。医者は自然治癒力の助手にすぎない。

これが医療の本質です。

野生の動物たちは、病気になると巣穴の中で静かに身を横たえて体を休めます。

そして、「断食」「休息」を取ります。

この「断食」と「休息」こそが、あらゆる病気を治す方法です。

 

断食をすると、腸内の環境がかいぜんされます。腸がキレイになるのです。

腸がよくなると、身体がよくなります。

 

食事は身体に負担をかけています。

現代人はあきらかに食べ過ぎです。体を動かしていないにも関わらず、3食も食べているから病気になるのです。

 

私達は毎日食事をしたものを小腸から栄養としてとりこみ、不要なものは便・尿・汗などで体外へ排出しています。

これらの作業はみんな当たり前に行われていると誰もが思っていることでしょう。

しかし、消化に負担がかからない量や内容を見極めて食事をしている人は少ないのが現状です。

 

消化・吸収・排出という作業に負担がかかります。

その上、加工食品などから食品添加物やトランス脂肪酸などを摂取する機会も多く、消化にエネルギーが必要になってきます。

 

 

ファスティングの準備期とは

 

マゴワヤサシイの食事で心と体の準備をしましょう。

ファスティングする前の1週間、少なくとも3日間は、なるべく低カロリーな食事にしましょう。

あまりに高カロリーな洋食やトンカツなどはやめておいた方がいいです。

なるべく、野菜・海藻類・豆腐・納豆などを中心とした和食を食べるようにしましょう。

おすすめは「まごはやさしい」です。

 

特にファスティング前日の夜は、なるべく早めの時間帯に、そして軽めの夕食にします。

たまに「明日からファスティングだから、今日のうちに・・・」といって、高カロリーな夕食やアルコール・ケーキを 食べてしまう方がいますが厳禁です。これではファスティングの効果を十分に感じることができなくなります。

準備期間を正しく過ごし、スムーズにファスティング期間に入れるようにしましょう!

 

 

ファスティング2日目

 

2日目にも好転反応が続くことがありますが、体から老廃物がなくなっていくので、 気持ちよく感じる方もいます。

デトックスが促進されることによって 心身ともに軽くなり、空腹感を楽しめる感覚に

 

個人差がありますが、ファスティング2日目ぐらいから以下のような「好転反応」というものを感じることがあります。

 

体がだるくなる・眠気を感じる
吐き気・発熱・下痢
吹き出物・湿疹などお肌の変化


これらの症状は「好転反応」という名の通り良い症状です。 体から毒素が出ている証拠とも言えます。

なので、症状が軽ければ、休憩をとるなどゆっくりと生活しながら、 そのまま酵素ドリンクと水のみでファスティングを続けましょう。

 

休憩がとれない場合(仕事などで)は、おかゆなどの消化のいいものを食べて ファスティングを中断する選択肢もあります。

無理はしないようにします。

個人差がありますが、2日目は1日目よりも空腹のつらさがましになるという方もいます。

 

 

ファスティング3日目

 

3日目にも好転反応が続くことがありますが、体から老廃物がなくなっていくので、 気持ちよく感じる方もいます。

デトックスが促進されることによって 心身ともに軽くなり、空腹感を楽しめる感覚に

 

 

 

復食期間とは

 

腸内環境がリセットされている状態なので、1食目は「おかゆ」から口にし、 2食目からは、みそ汁・野菜・海藻類・豆腐・納豆・キノコ類なども取り入れ、 だんだんと元の食事に戻していくようにします。

 

急に高カロリーなものを食べるのは内臓に負担がかかってしまうため厳禁です。 この復食期間での食生活が、ファスティング成功の大きなカギを握っていると言ってもよいです。 ここで食べ過ぎてしまっては、せっかくの努力が台無しになってしまうからです。

以下、ファスティング時に使用するのに人気の酵素ドリンクを厳選していますので、 参考にしてみてください。

 

 

ファスティングをすると何が変化するか?

 

味覚の変化と、やる気の変化です。

やる気が明らかに向上します。

 

一番は味覚の変化です。普段から外食が多い人は、濃い味付けや化学調味料で、味覚が完全におかしくなっています。

 

現代に多い糖尿病高血圧肥満なども味覚の狂いと深く関わっています。

たった数日であっても固形物を摂らない期間をつくることで、味覚はリセットされ

素材そのものの味を感じることができるようになっているのです。

これは味蕾(みらい)といわれる味細胞が修復され、味覚を電気信号として脳に伝える神経伝達がスムーズに

なることが理由として考えられます。

 

 

今まで当たり前のように食べていた食事。数日ぶりに口にする回復食のお粥のあまりの美味しさに中には涙を流す人も。

それは美味しさに対しての感動だけではなく、食べられる有難さや感謝の気持ちも合わさってのことでしょう。

ファスティング後は、体のリセット、デトックスは勿論のこと、心の変化を実感する人も少なくありません。 

「食べられる状況で食べない日をつくる」ことと「いつ食べられるかわからない」とは全く状況が違います。

これだけ食べ物が溢れ、飢餓を味わうこともない恵まれた飽食時代だからこそ、自らの意思で食べない日(ファスティング日)をつくることは、食に対しての意識を見直すきっかけとなるかもしれません。

 

 

■参考資料

 

ファスティング http://allabout.co.jp/gm/gc/413461/2/

驚くべき断食 http://n-lab.co.jp/fasting/fasting3

 

 

記事がほんの少しでも役にたちましたら、ぜひ「いいね」をお願いします。正しい知識が広がることを祈ります。