【お米について知ろう】

 

まず農家に自覚していただきたいことは、「今の世の中を変えるのは農業である」ということです。

本来の農業は、それだけの力を持っています。

まずは「嬉しい、楽しい、有難い」という生き方になっていただきたい。
これは全然難しいことではありません。あることに気づくだけでよいのです。

農業の生産物のほとんどが水でできていることを思い出してください。

例えば、きゅうりでは98%、トマトは95%、葉菜類に至っては99%ば水分といわれています。ですから、ある先生は「農業は水商売である」と表現されたくらいです。
ここで大事なのは、「水は記憶する」ということです(テレビ等で紹介されたことを覚えている方も多いと思います)。
ですから、この生き方をしている農家さんの生産物を食すると、人の体も60~70%が水分で構成されているので、口に入れた瞬間に同調し、食べた人も「嬉しい、楽しい、有難い」生き方になっていくのです。まさに人の心にまで働きかけてくるということです。
そして、身体によい作り方でできた作物は、人の身体を健康にして、上薬たる食べ物を証明します。これからは人によいもの、地球によいもの、どうしても必要なもの以外は淘汰されていく時代です。食べ物は人の心に働くものですから、生産者の方たちの心のレベルの高さも要求されます。
農業は最高の職業となります。(平成15年9月  藤野順弘)
(追記)消費者からいただいた言葉を紹介します。
「少し食べたら心に効いて、続けて食べたら身体に効きました。